2018/01/13 更新

 三原FIELD NOTE


NEW ○ガンカモ調査  ‘18/01/06
○カワウ調査 〜冬〜  ‘17/12/16
○ナベヅル ‘17/10/30
○シギ・チドリ調査 〜秋〜‘17/09/17・18
○カワウ調査 〜7月〜  ‘17/07/15
○カワウ調査 〜5月〜  ‘17/05/23
○シギ・チドリ調査 〜春〜‘17/05/03
○ガンカモ調査  ‘17/01/07
○カワウ調査 〜冬〜  ‘16/12/23
○沼田川の冬鳥  ‘16/11/23
○夏鳥・旅鳥・冬鳥  ‘16/10/11
○シギ・チドリ調査 〜秋〜‘16/09/10
○カワウ調査 〜夏〜  ‘16/07/23
○カワウ調査 〜春その2〜  ‘16/05/21
○シギ・チドリ調査 〜春〜‘16/05/01
○ガンカモ調査  ‘16/01/09


[過去ログ]    ★1997年FN★   ★1998年FN★   ★1999年FN★   ★2000年FN★   ★2001年FN★
  ★2002年FN★ ★2003年FN★ ★2004年FN★ ★2005年FN★ ★2006年FN★
★2007年FN★ ★2008年FN★ ★2009年FN★ ★2010年FN★ ★2011年FN★
★2012年FN★ ★2013年FN★ ★2014年FN★   ★2015年FN★

HOME

 

○ガンカモ調査  ‘18/01/06

毎年恒例の日本野鳥の会広島県支部のガンカモ一斉調査です。
今回の調査日は7日からとなっていましたが,都合により6日に調査をしました。

私は「沼田川」と「三川ダム」「八田原ダム」を担当しており,二つのダムの結果はこちらです(三川ダムと八田原ダムの結果へ)

沼田川のカモは,今年はナント1000羽を超えました。4桁になったのは2004年以来14年ぶりのことで,過去2番目の記録です。
観察種は変わってきています。2004年はヒドリガモが800羽ぐらいで,沼田川で一番多いカモでしたが7〜8年ぐらい前からマガモが多くなりました。今年は400羽を超え,過去最高となりました。また,ツクシガモも過去最高の89羽を数えました。しかし,毎年カウントしていたオシドリは,今年は0羽。シーズンを通して観察していないので,これがこの日だけのものか,今シーズンはこのポイントに飛来していないのかは分かりません。情報があれば,よろしくお願いいたします。(少数が来ているという情報がありました。)

今回の調査では,カモの他にカイツブリ類やカワウ,オオバンも調査しています。オオバンは,以前は沼田川ではほとんど見ることがない種でしたが,昨年,ガンカモ調査の後,20羽以上の群れを観察。今回は,39羽をカウントし,増えてきているようです。

【日時】 2018年1月6日(土)12:45〜17:00
【場所】 沼田川河口(三原市円一町・和田沖町)〜中流(三原市本郷町船木)
【天候】 晴
【 潮 】 満潮

種  名 種合計
マガモ 213190403
ヒドリガモ 139115254
カルガモ 240
ツクシガモ 83
コガモ 462470
オナガガモ 1118
キンクロハジロ
オカヨシガモ
合  計 1080

【他の記録】
 ・カイツブリ 15          
 ・カンムリカイツブリ 4
 ・カワウ   17
 ・オオバン  39
 ・カワウのねぐら2カ所あり

今年も河口に
多くのマガモが
ヒドリガモ採餌中 ツクシガモが,
過去最高の数に!

BACK

 

○カワウ調査 〜冬〜 ‘17/12/16

昨年の冬もそうでしたが,今年も天気が崩れ,調査地に着いた時は雨でした。
しかし,すぐやんでくたので,曇り空の下,調査を開始しました

大鯨島には,13羽のカワウ。サギ類は,全くいませんでした。
1時間20分の調査したもののカワウにあまり動きはなく,最終的に15羽となりました。

面白かったのは鳥ではなく,船。
下の写真にある不思議は船が,大鯨島の前を通り過ぎていきました。
調べてみると,「guntu(ガンツウ)」という船の豪華ホテルでした。
1泊30万円からだそうです!


【日時】 2017年12月16日(土)16:00〜17:20
【場所】 三原市木原町 「大鯨島」
【天候】 雨後曇り
【調査者】 3人(Mさん,TAKA,Mitさん)
【結果】 

 ・カワウ  総数 14羽

  ※カワウ以外には,サギ類もいなかった。

曇天の大鯨島と小鯨島 guntuが航行中

BACK


 

○ナベヅル ‘17/10/30

今日は仕事が休みだったので,久しぶりにフィールドに出てみました。
沼田川河口などをまわりカモを確認した後,田んぼフィールドに行きました。

フィールドに着いて少しまわっていると,アオサギがいました。でも,何か違います。体が大きい……。
双眼鏡でのぞいてみると,ツルではありませんか!ナベヅル?

久しぶりにツルを見るので,図鑑でよく確かめ,ナベヅルの成鳥であることを確認しました。
しかし,写真を撮ろうとカメラをセットしていると,1台の軽トラがナベヅルの近くにやってきました。
嫌な予感は当たるもので,ナベヅルは飛んでしまいました。

しばらく上空を舞っていましたが,少し離れた所に降りました。でも,その場所に行ってみるといなくなていました。
いろいろと探してみると,別の場所にカラスの群れととも採餌していました。
稲刈りのあとの田で,落ち穂を食べていたのだと思います。

一昨日から昨日にかけて台風23号が通り過ぎていたので,たぶん1羽だけ迷ってきたのだと思われます。
これから,鹿児島の出水市に行くのか,昨年三原野鳥の会で訪れた愛媛県西条市に行くのか,
山口県の周南市に行くのか分かりませんが,無事に越冬してほしいものです。

ナベヅルは,三原初記録です。ツルの仲間の記録は,マナヅルに続いて2例目になります。

ナベヅル カラスに囲まれる。 飛翔中

 

○シギ・チドリ調査 〜秋〜  ‘17/09/17.18

野鳥の会広島県支部の「シギ・チドリ一斉調査」です。
9月17日に2か所を調査する予定でしたが,台風が接近していたことと満潮が重なっていたため,沼田川河口は18日に行いました。

【沼田川近辺の水田・休耕田】
 9月17日(日)
  9:40〜10:53  曇り後雨 
   
   ケリ  5(幼鳥2含む)
   タシギ 3


   
【沼田川河口付近】
 9月18日(月祝)
  6:53〜7:25  晴れ 干潮→満潮
   
   イソシギ 5
   キアシシギ 1


【MEMO】
   ・17日は,台風18号が接近中。
   ・18日の沼田川は,前日の雨のため川の水が増水。

BACK

 

○カワウ調査 〜7月〜 ‘17/07/15

5月は,この下にあるように162羽のカワウをカウントしました。
今回はその約半分の79羽をカウント。
若鳥もいるのでしょうが,遠いので識別できませんでした。

5月の写真と比べてみると,少し分かりにくいですがサギ類が増えています。
ダイサギを中心に約300羽いました。

【日時】 2017年7月15日(土)17:30〜19:30
【場所】 三原市木原町 「大鯨島」
【天候】 晴れ
【調査者】 3人(Mさん,Fさん,TAKA)
【結果】 

 ・カワウ  総数 79羽
 ・営巣       不明

 
  ※カワウの他,サギのコロニーにもなっている。
    サギ類=ダイサギ218・コサギ28・ゴイサギ23・アマサギ14・ササゴイ8・アオサギ2)
           明らかに幼鳥と分かったもの ゴイサギ5羽,ササゴイ5羽,アオサギ1羽

大鯨島 ダイサギ中心のコロニー

BACK

 

○カワウ調査 〜5月〜 ‘17/05/03

今年度も引き続きカワウの調査を行うことになりました。
昨年度は,同時期に174羽のカワウをカウントしています。
地元の方の話によると,この島でカワウやサギが繁殖をするようになったのは,10年ぐらい前からとのこと。
それまでは,尾道の吉和にコロニーがあり,そこを追いやられてこちらに来たそうです。
地元の人は子どもの頃,大鯨島や対岸の岩子島まで泳いで渡っていたそうです。すごいですね!

【日時】 2017年5月3日(水祝)16:40〜19:00
【場所】 三原市木原町 「大鯨島」
【天候】 晴れ
【調査者】 3人(Mさん,Fさん,TAKA)
【結果】 

 ・カワウ  総数 162羽(成鳥)
 ・営巣        30

 
  ※カワウの他,サギのコロニーにもなっている。
    サギ類=125羽(コサギ67・ダイサギ29・ゴイサギ20・アオサギ5・アマサギ3・ササゴイ1)

大鯨島 カワウとサギが密集 カワウ抱卵中

BACK

  

○シギ・チドリ調査 〜春〜  ‘17/05/03

野鳥の会広島県支部の「シギ・チドリ一斉調査」です。
一斉調査日は4月29日ですが,都合により5月3日に行いました。


 【沼田川河口付近】
   5月3日(水祝)
   9:15〜9:55   晴  干潮

     イソシギ      3


 【沼田川近辺の水田・休耕田】
   5月3日(水祝)
   11:05〜13:10   晴 
   
   ケリ     7
   イソシギ  1
   タシギ   1
   

 【MEMO】
   ・ケリ2羽は,トビにモビング。
   ・渡り途中のシギ・チは,タシギのみ。

タシギ

BACK


 

○ガンカモ調査  ‘17/01/07

毎年恒例の日本野鳥の会広島県支部のガンカモ一斉調査です。
今回の調査日は8日からとなっていましたが,都合により7日に調査をしました。

私は「沼田川」と「三川ダム」「八田原ダム」を担当しており,二つのダムの結果はこちらです(三川ダムと八田原ダムの結果へ)

沼田川のカモは,今年は例年並みですが(昨年が多かった。),一番多いマガモの数が減りました。また,数年前まで一番多かったヒドリガモの数がかなり減っています。田んぼフィールドで見ることがあるので,そちらに移動しているのでしょうか……。

海ガモ類も昨年い比べて数は減ったもののホシハジロ,キンクロハジロ,スズガモを記録しました。特にスズガモは,小原大橋下流で♂1羽を観察し,この辺りで見たのは,初めてです。

オシドリ38羽は,過去最高の数です。それまでは2013年の28羽(♂16,♀12)でした。ツクシガモは昨年の41羽より減ったものの,33羽をカウントすることができました。同じ場所に昨年は来ていなかった他のカモがきており,カモにとって環境がよくなってきているのかもしれません。(ツクシガモの♂と♀の識別はできていません。)


【日時】 2017年1月7日(土)7:45〜11:50
【場所】 沼田川河口(三原市円一町・和田沖町)〜中流(三原市本郷町船木)
【天候】 晴
【 潮 】 満潮

種  名 種合計
マガモ 104 78 182
コガモ 57 43 100
カルガモ 95
ヒドリガモ 52 41 93
オナガガモ 28 23 51
オシドリ 23 15 38
ツクシガモ 33
オカヨシガモ
ホシハジロ
キンクロハジロ
スズガモ
合  計 616

【他の記録】
 ・カイツブリ 12
 ・カンムリカイツブリ 5
 ・カワウ   24
 ・オオバン  2
 ・カワウのねぐら2カ所あり

海霧の沼田川河口 あやうく見逃すところ
だったカモたち
ツクシガモと三原初記録
のダイゼン(12月)
中流域でキンクロハジロ

BACK


 

○カワウ調査 〜冬〜 ‘16/12/23

天気予報は晴れだったものの,なぜか雨が降ったりやんだりの一日で,調査地に着いた時も小雨でした。
しかし,すぐやんでくれて調査を開始しました

去年の冬のカワウの調査では,たった3羽しかカウントできませんでした。一昨年は,14羽です。
今年もそのくらいかとスコープでカワウを探すと,ナント38羽がいました。

でも,たぶん島から出ていくだろうなと思いつつ調査を続けると下のような結果になりました。
出たり入ったりで38羽は変わりませんでしたが,残っていた個体は飛びそうな雰囲気はなく,ねぐらにしているのでしょう。
雨も調査開始時からは降ることもなく,終わる頃には夕陽が見えました。



【日時】 2016年12月23日(金 祝)15:30〜17:10
【場所】 三原市木原町 「大鯨島」
【天候】 曇一時雨
【調査者】 2人(Mさん,TAKA)
【結果】 

 ・カワウ  総数 38羽

  ※カワウ以外には,サギなどもいなかった。

大鯨島と小鯨島 雲のすき間の夕陽

BACK


 

○沼田川の冬鳥 ‘16/11/23

今日の午前中,沼田川を観察してきました。
河口付近には,マガモやヒドリガモが約200羽。カンムリカイツブリも3羽観察できました。

沼田川付近の埋め立て地に行ってみると,目的のツクシガモはまだ来ていませんでした。しかし,30〜40羽のシギの群れが飛んでおり,その中に数羽の大きめの鳥がいました。湿地に降りたのでスコープで見るとハマシギとダイゼンでした。群れの大半がハマシギで大きめの鳥は,ダイゼン4羽でした。

10月にIさんが4羽のダイゼンらしき鳥を見られていますが,もしかしたら同一のものかもしれませんね。三原市初記録です!ハマシギの群れも三原市ではあまり見られないものです。どちらも記録に入れました。

それから沼田川を遡上し,防災ステーション付近でカモメ類4種(カモメ,セグロカモメ,オオセグロカモメ,ウミネコ)を観察。オシドリはいませんでした。昨シーズンから多くのカモを見ることができる「びんさん」の前では,カルガモ,マガモ,ヒドリガモ,コガモ,キンクロハジロがいました。そして本一橋の上流には,珍しくカワアイサの♀が2羽いました。芦谷調整池には,数は少ないですがホシハジロも来ていました。オオバンもいろいろな場所で見ることができ,増えている感じです。

沼田川が結構面白かったので時間がかかり,メインにしようと思っていた沼田東の田んぼフィールドをあまり回ることができませんでした。昨日,夢の中にコクマルガラスが出てきたので正夢になるかと思いましたが,コクマルガラスどころかミヤマガラスも,そしてハシボソガラスなどもほとんど見ることができませんした。(^^ゞ 残念……。

これからも冬鳥が増えていくことでしょう。楽しみです。

ダイゼン
(かなり遠い所なので
ぼやっと写っています。)
カワアイサ

BACK

 

○夏鳥・旅鳥・冬鳥 ‘16/10/11

ここのところ少し寒くなってきたので,冬鳥はまだかと沼田川や田んぼフィールドをまわってきました。
沼田川の河口付近には,マガモが数羽。ヒドリガモは,防災ステーション辺りに少数がいました。おもしろいことにヒドリとともにオシドリの雌も1羽だけまざっていました。また,セグロカモメも飛来してきており,冬鳥が増えつつありました。

暑かった夏が過ぎ去り,ここのところ寒い日があるので,急に秋になった感じで,沼田川ではモズが高らかに鳴いていました。また,田んぼフィールドでは,「来ているかな?」と思っていた旅鳥のノビタキがいました。顔の黒い♂2羽と♀タイプ1羽。田んぼの杭にとまって餌を探していました。

他には夏鳥のツバメやコシアカツバメが舞っていました。特にコシアカツバメは数が多く,電線にずらっと並んでいました。もう少ししたら,南へ旅立つことでしょう。現在フィールドでは,夏鳥・旅鳥・冬鳥が見られます。



ノビタキ♀タイプ ノビタキ♂

BACK

 

○シギ・チドリ調査 〜秋〜  ‘16/09/10

野鳥の会広島県支部の「シギ・チドリ一斉調査」です。
この日(9月10日)以外にも調査をしようと思っていましたが,雨がよく降る等で結局できず……。
数は出ていませんが,珍しくソリハシシギとキアシシギが来ていました。


【沼田川河口付近】
 9月10日(土)
   9:50〜10:20   晴  干潮

     ソリハシシギ 1
     キアシシギ  1



【沼田川近辺の水田・休耕田】
 9月10日(土)
  10:35〜11:55   晴 
   
   ケリ  4
   

【MEMO】

   ・水のある休耕田や稲を刈った田がほとんどなし。

BACK

 

○カワウ調査 〜夏〜 ‘16/07/23

昨年度のカワウの調査では,106羽を数えました。
今年は半分以下の結果です。昨日カワウ調査をされたMさんの話では,浜池も1羽だったそうです。
昨年夏のカワウ調査結果

【日時】 2016年7月23日(土)17:00〜19:35
【場所】 三原市木原町 「大鯨島」
【天候】 晴れ
【調査者】 4人(Mさん,Fさん,Yさん,TAKA)
【結果】 

 ・カワウ  総数 62羽

 
  ※カワウの他,サギのコロニーにもなっている。
     サギ全体=約300羽(ダイサギが主)
               ※コサギ アマサ アオサギ ゴイサギ ササゴイも観察

夕刻の大鯨島 珍しいササゴイ

BACK

 

○カワウ調査 〜春〜 ‘16/05/21

今年度も引き続きカワウの調査を行うことになりました。
昨年度は,同時期に204羽のカワウをカウントしています。
今年度は若干少なくなりましたが,それでも島はカワウとサギだらけでした。

【日時】 2016年5月21日(土)17:00〜19:20
【場所】 三原市木原町 「大鯨島」
【天候】 晴れ
【調査者】 4人(Mさん,Fさん,Yさん,TAKA)
【結果】 

 ・カワウ  総数 174羽(若鳥2羽含)
 ・営巣        17  (まだまだありそう……。)

 
  ※カワウの他,サギのコロニーにもなっている。
    ダイサギ・コサギ(96)  アマサギ(7) アオサギ(8) ゴイサギ(29)を観察

小鯨島と大鯨島

BACK

 

○シギ・チドリ調査 〜春〜  ‘16/05/01

野鳥の会広島県支部の「シギ・チドリ一斉調査」です。
一斉調査日は4月29日ですが,都合により5月1日に行いました。


 【沼田川近辺の水田・休耕田】
   5月1日(日)
   8:30〜9:50   晴 
   
   ケリ  13
   


 【沼田川河口付近】
   5月1日(日)
   10:00〜10:20   晴  満潮→干潮の中間

     チュウシャクシギ 1
     イソシギ      1


 【MEMO】
   ・ケリは,トビにモビングをしていた。
   ・チュウシャクシギは,4月26日から昨日まで6羽が観察されていたが,今日は1羽のみ。
    40分後に再度訪れたものの1羽から増えず……。

チュウシャクシギ

BACK


 

○ガンカモ調査  ‘16/01/09

毎年恒例の日本野鳥の会広島県支部のガンカモ一斉調査です。

私は「沼田川」と「三川ダム」「八田原ダム」を担当しており,二つのダムの結果はこちらです(三川ダムと八田原ダムの結果へ)

沼田川のカモは,例年ヒドリガモが多かったのですが,一昨年からマガモが一番多くなっています。今シーズンもこの傾向は変わらずマガモが一番多くなり,過去最高の数となりました。また,ホシハジロも増えておりこちらも過去最高をカウントしました。(以前はあまり見かけなかった海ガモ類が増えています。)全体のカモの数も971羽と2004年に次ぐ数字となりました。しかし,ミコアイサは当分見ていません。今シーズンは暖冬ですが,カモの増減に影響があるのでしょうかね……?

※沼田川河口付近にある和田沖の埋め立て地に2013年からツクシガモが越冬するようになったため,今シーズンからカウントすることにしました。(♂と♀の識別はできていません。)

【日時】 2016年1月9日(土)9:10〜13:35
【場所】 沼田川河口(三原市円一町・和田沖町)〜中流(三原市本郷町船木)
【天候】 晴
【 潮 】 満潮

種  名 種合計
マガモ 219 126 345
ヒドリガモ 158 100 258
カルガモ 128
ホシハジロ 46 30 76
コガモ 34 28 62
ツクシガモ 41
オナガガモ 18 15 33
キンクロハジロ 12
オカヨシガモ
スズガモ
合  計 971

【他の記録】
 ・カイツブリ 16
 ・カンムリカイツブリ 8
 ・ハジロカイツブリ 1
 ・カワウ   19
 ・カワウのねぐら2カ所有

和田沖の埋め立て地

BACK





 Mailは,こちらまで!
   (クリックしてください。)     by TAKA


HOMEはじめに三原Field Note県東部情報日本全国鳥便りフィールド掲示板三原鳥類List野鳥教室鳥LINKデジ鳥日記|  |広島タカ研